違和感なく噛むために

インプラント

固定性が高い

鎌倉では、歯周病や怪我などで歯を失ってしまった方のためにインプラント治療を行う歯科医院が多くなってきました。インプラントとは失った歯の代わりに人工歯根を埋め込む治療方法のことを指しますが、失った歯を補てんする方法は他にもあります。従来からの方法があるにもかかわらず、インプラントが選ばれる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。多くの方がインプラント治療を受けたいと願った結果、鎌倉でも治療を行う歯科医院が増えているわけですからそれなりの選ばれる理由があるはずです。インプラントは、見た目が健康な歯に近いだけでなく、まるで自分の歯のように噛めるようになれる点が従来の歯科治療とは大きく違っています。ブリッジや入れ歯など従来の歯科治療は、残った歯に負担を分散するため固定性はそれほど高くはありません。硬い物を食べた時など、ブリッジや入れ歯がぐらついてしまい困ったことがある方も多いのではないでしょうか。インプラントはアゴの骨に人工歯根を埋め込むためまるで自分の歯のように噛むことができ、固定性が高いためぐらぐらするようなこともありません。以前のような噛む力を取り戻すことができるため、硬い物でも気にせず食べることができ隣の健康な歯に負担をかけることもありません。治療後、適切なメンテナンスを行えば、何十年も使い続けることが可能です。まるで自分の歯のように何十年も使い続けることができるのですから、以前のように食事を楽しみたいという方に選ばれるのも当然でしょう。鎌倉では、治療後のサポートやメンテナンスを安心して任せられる歯科医院が増えています。最新のインプラントを鎌倉で受けることができ、その後も安心して任せれるのですから住民にとってとても良い変化です。