地域によって異なること

治療

東京ならありうる可能性

虫歯や歯周病の治療といった、一般的に保険診療と呼ばれる治療内容の場合、場所が代々木であろうと代々木でなかろうと、歯科医院にかかったときの費用はほぼ同じ相場になると考えられます。これは、保険診療にはそれぞれ点数がつけられていて、どのような治療をしたら何点加算すると診療報酬算定のルールが決められているからです。けれど、すべての治療が保険診療に該当するかというとそうではなく、保険診療に該当しない治療は自費ということで、全額自己負担で窓口で10割支払うことになります。歯科医療においては、見た目を気にするあまり、特別なカリキュラムをマスターした歯科医師だけが行える治療を求めて歯科医院を訪れる人も少なくないため、自由診療の範囲が広くなっているのが特徴です。自由診療の場合、患者が負担する自己負担額は医療機関それぞれで独自に決めることができますので、高度なカリキュラムをマスターした医師が適切と判断し、診察料が設定されています。その料金はさまざまで、どのくらいの費用が掛かるのかという相場がつかみづらくなっているのが、逆に特徴でもあります。代々木のように多くの人が行き交う街だったり、若い人も多いとなると見た目を気にすることも増えますので、治療をする前にどんな仕上がりになるのかを気にする人の割合が高くなってきます。代々木なら、他の歯科医師ができないことができる歯科医師が見つかる可能性が高くなる分、治療費も高くなると考えておくのがベターです。